在宅医療・介護連携推進事業

在宅医療・介護連携推進事業とは

在宅医療・介護連携推進事業の背景

2025年を目処に、医療と介護の両方を必要とする状態の高齢者が、
住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続けることができるよう、
在宅医療と介護を一体的に提供するために必要な支援を行うことが必要です。
また市区町村は平成27年度以降在宅医療・介護連携推進事業に係る取り組みを開始し、
平成30年4月には全国の市区町村で主体的に取り組むことが求められているものです。

在宅医療・介護連携推進事業の項目としては

  • (ア) 地域医療・介護の資源の把握
  • (イ) 在宅医療・介護連携の課題抽出と対応策の検討
  • (ウ) 切れ目ない在宅医療と介護の提供体制の構築推進
  • (エ) 医療・介護関係者の情報共有の支援
  • (オ) 在宅医療・介護連携に関する相談支援
  • (カ) 医療・介護者の研修
  • (キ) 地域住民への普及啓発
  • (ク) 在宅医療・介護連携に関する関係市町村の連携の8個の取り組みからなっています。

実施体制

高崎市が在宅医療・介護連携推進事業を高崎健康福祉大学訪問看護ステーションに一部委託し、
高崎市と協働実施することになりました。

在宅医療や介護、地域に周知している看護師と医療ソーシャルワーカーを配置し、
在宅医療・介護連携に関する相談支援を中心に活動計画を考えています。

新しい事業であり、手探り状況ではありますが、高崎市や、地域連携において関係する方々のご指導をいただきながら地域の連携事業所として発展していければと考えています。

活動報告や今後の予定に関しては随時、ホームページで皆様にご紹介していく予定です。
皆様のご協力をお願い申し上げます。

出前講座

大学に委託されている高崎市医療介護連携相談センター南大類の特徴を活かし、4学部7学科の教員による出前講座を始めます。
医療介護分野においての学習に、この出前講座を活用していただけると幸いです。
対象者はケアマネジャー、介護職等ですが相談していただければ対応は柔軟にできます。今後講座内容はもっと充実していく予定です。
申込みは当センター宛に電話またはFAXにてお願いします。
皆さまからのご依頼をお待ちしております。

健康福祉学部

医療情報学科
担 当 教 員 タ イ ト ル 概 要
木村 憲洋 病院との上手な付き合い方 介護の現場においては、医療機関はブランクボックスであり、わかりづらいものとなっています。そこで、病院の中の組織と病院における地域との連携における診療報酬や介護との関係にについて知識を習得することを目的とします。
社会福祉学科
担 当 教 員 タ イ ト ル 概 要
金井 敏 地域ケア会議における民生委員の役割と留意点について 地域包括支援センターが開催する個別ケア会議と課題別検討会議において,民生委員が参加する場合の役割と,守秘義務など留意する点について考える。
松沼 記代 カナダの公民館活動からみる地域包括ケアのあり方について 健康増進プログラムを公民館活動から展開してきたカナダでは、地域包括ケアのモデルともなる活動や住民間のボラ支援が展開されてきた。その実践活動を紹介するとともに、我が国で機能させるポイントについて考える。
戸澤 由美恵 地域で暮らすハンセン病回復者へのアプローチ 群馬県草津町には、国立療養所があります。根強い差別と偏見を持たれてきたハンセン病の歴史を踏まえ、地域で暮らす回復者の後遺症ケアと高齢化問題、精神的ケアのポイントについて考えます。
原田 欣宏 高齢者虐待防止法の理解 医療,保健,福祉の各事業所と地域包括支援センターがどのように行政に協力して虐待対応を行うべきか,法解釈と留意点を考える.
健康栄養学科
担 当 教 員 タ イ ト ル 概 要
竹内 真理 栄養アセスメント 身体計測、生化学検査、臨床診査、食事摂取状況調査をとおした栄養状態の評価方法
竹内 真理 栄養ケア 栄養状態不良と判定された患者の栄養管理。
必要栄養量の計算、栄養補給方法の決定、栄養療法の実施とモニタリング
竹内 真理 嚥下障害の食事 嚥下障害者の食事の工夫、嚥下訓練食
竹内 真理 栄養剤の種類と選択 濃厚流動食の種類と特徴、病態に応じた濃厚流動食の選択
竹内 真理 疾患別栄養管理 糖尿病、腎臓病、肝胆膵疾患、などの疾患別の食事療法と栄養管理
※疾患を指定すればその疾患について詳しく講義する(糖尿病、メタボ、高血圧、透析等)
竹内 真理 老年期の栄養管理 フレイル、サルコペニア、ロコモティブシンドロームなどの老年症候群の予防と改善
竹内 真理 在宅一人暮らしの食事 独り暮らしの方の食事の注意点。調理、メニューの工夫など。

保健医療学部

 看護学科
担 当 教 員 タ イ ト ル 概 要
小笠 原映子 多職種連携について 利用者のニーズに寄り添いながら、多様な専門職が効果的に連携し協働していくことが求められています。効果的な専門職連携について考えたいと思います。
田村 直子 意思決定を支える在宅療養支援 その人にとっての最善とは何かを考えながら、在宅療養支援について事例を踏まえ、みなさんと考えていきたいと思います。
新井 明子 事例を通して考える神経難病療養者の在宅療養支援 神経難病療養者の療養支援は、病気の特徴を理解し、社会資源を活用しながら、チームで支援することが大切です。事例を通して、神経難病療養者の支援方法を考えたいと思います。
実践開発
センター
梅原 里実
認知症者及びご家族への対応 認知症者へ尊厳の保持を大切にした対応はケアの中心をなします。
また介護をするご家族の方が抱く困難を知ることはケアの工夫や広がりに繋がります。
棚橋 さつき 訪問看護とは 訪問看護事業所の利用者は増加傾向ですが、訪問看護とはいったいどのような内容なのか。特徴は何か等基本的な事について。また今後の訪問看護のあり方について考えてみたいと思います。
棚橋 さつき 退院支援の受け皿つくり 医療依存度の高い療養者が在宅に帰る状況が増えています。
退院支援とは何か、地域で受け取る支援者はどのような準備をすればいいのか考えたいと思います。
  理学療法学科
担 当 教 員 タ イ ト ル 概 要
浅香 満 介護予防のための姿勢と運動について
~姿勢と運動の大切さ~
姿勢の基本的知識と姿勢からくる疾患、その予防
運動の効果・そのメカニズムについて
浅香 満 在宅療養者支援における訪問リハビリテーションの役割 在宅生活を維持するための訪問リハビリについて
浅香 満 施設職員に知っておいて欲しい理学療法の知識・技術 身体介助のポイント・ボディーメカニズムに則って
浅香 満 膝痛と腰痛の理解と予防法 高齢者に多い膝・腰の痛みの予防について
篠原 智行 最近よくみる『フレイル』や『サルコペニア』とは? 高齢者の『フレイル』や『サルコペニア』といった言葉を目にすることが増えてきました。これらの解説や、その対処方法をお話しさせて頂きます。
篠原 智行 転びにくい体づくり、生活づくり 転倒によって外傷や身体機能の低下を起こさないために、転倒の危険性の見分け方や転倒予防トレーニングをお話しさせて頂きます。
篠原 智行 介護予防の基礎と取り組みの実際 介護度を悪化させない、あるいは介護保険を用いないで済むための介護予防の基礎の話と実際例の紹介をさせて頂きます。

薬学部

薬学科
担 当 教 員 タ イ ト ル 概 要
土井 信幸 ポリファーマシーが高齢者のQOLに与える影響 多剤併用が高齢者のQOLへ与える影響とその回避方法
土井 信幸 高齢者が服用し易い薬とは? 実際の薬剤を見て、触って、溶かして、高齢者にとって服用し易い薬について一緒に考える
土井 信幸 在宅医療(地域連携)の中で薬のことで困ったら? 地域の保険薬局、薬剤師の活用方法について
土井 信幸 終末期における薬剤師の活用 終末期における緩和医療等に使われる薬剤の特徴と薬剤師の関わりについて

人間発達学部

子ども教育学科
担 当 教 員 タ イ ト ル 概 要
野田 敦史 見守り支え合う共助社会の実現に
向けて -福祉ネットワークの視点から
予防的福祉の観点から高齢者介護支援は、介護保険などのフォーマルサービスのみならず、地域ぐるみの住民参加によるインフォーマルサービスが必要不可欠である。本講では、福祉ネットワークの概念を用いて「子育てネットワーク実態調査結果」を紹介しつつ高齢者支援ネットワークへの援用を試みる。
松田 直 障害の重い子どもを育てている保護者の高齢化について 医療技術の進歩により、障害の重い子どもも長生きするようになっています。在宅医療やホームヘルプサービスなどの支えが拡充しつつありますが、保護者の高齢化は避けて通ることのできない現実です。この問題について具体的に考えたいと思います。
    
ロゴ
お問い合わせ
高崎健康福祉大学
高崎健康福祉大学附属高等学校
高崎健康福祉大学附属幼稚園
高崎健康福祉大学附属クリニック

ページトップへ